Enjoido北海道!

北海道の魅力&情報、日々の暮らしを発信しています

営業時間は2時間のみ!並んででもゲットしたい超人気の薄皮たい焼き「札幌柳屋」【レビュー・グルメ】

f:id:yuccow:20220407145928j:plain

札幌市東区にある「たいやき札幌柳屋」をご存知ですか?

2年連続で食べログ百名店にもなっている人気店です。

先日数年ぶりに柳屋さんに行ってきましたので、大人気薄皮たい焼きのレビューをお伝えします。

 

・薄皮たい焼きが大好きだ

・札幌市内でおいしいたい焼き屋さんを探している

 

という方、必見です!

 

目次

 

 

   

 スポンサードリンク

 

 

札幌柳屋に行って来た

先日、札幌に用事があって行ってきました。

めずらしくお昼過ぎには時間ができたので、以前一度行ったきりだった「たいやき札幌柳屋」さんに行ってみることに。

柳屋さんは、何しろ営業してる時間が14:00~16:00と短い上に、餡子がなくなったら営業終了になっちゃうので、訪れるタイミングが難しいんですよ。

しかも大抵大行列ができてるし。。。

 

できれば開店前に着いて並んで待ちたいところです。

が。

この日着いたのは14:02

2分すぎてしまった💦

 

店舗前にはすでに列ができていました。

ざっと見たところ、私で7組目くらいのようです。

 

f:id:yuccow:20220407151058j:plain

 

札幌柳屋さんは、とても小さな店舗です。

知らなかったら、気付かずに通り過ぎてしまいそう。

店内は3畳くらいでしょうか。

 

冷たい風の吹く中、ひたすら順番を待ちます。

7組目でしたが、30分間並びました。

 

大人気のたい焼きはコレ♪

ここのお店は、たい焼きの型が1匹1匹別々になっています。

1匹ずつの型に、それぞれ柄が付いていて、おじさんが目の前で焼いてくれます

小さなお店の中は、煙でいっぱいです(笑)。

 

みなさん大量に購入していましたが、我が家は二人分の2個だけ買ってきました。

 

f:id:yuccow:20220407152133j:plain

 

柳屋さんの薄皮たい焼きですヾ(≧▽≦)ノ

1個150円コスパ最高!)

ホントに皮が薄いので、ところどころ餡子が透けて見えてたりはみ出して焦げてたり。

それもまた手作りを感じさせてくれます。

 

向きを変えて頭の方から見たところ

f:id:yuccow:20220407145928j:plain

 

これが熱々でおいしい!

餡子だって食べてるうちに溢れてくるくらいです。

 

f:id:yuccow:20220407152500j:plain

 

皮の薄さも伝わるでしょうか♪

 

この餡子の甘さが絶妙なんですよ!

私は基本的に甘さ控えめが好きなんですが、こちらは控えめというほど控えめではありません。

でも、甘ったるいというほど甘くもない。

まさに、絶妙な甘さ。

しっぽのちょっぴり焦げた風味も、また美味しい✨

あれあれ!ご飯のおこげの所みたいな特別感がありました♪

 

やっぱり美味しいわ~~~っ

 

30分並んだ価値がありました!!!

 

札幌柳屋の場所と営業時間

住所  北海道札幌市東区北46条東4丁目3-1

    JR学園都市線太平駅」から徒歩約13分

電話  011-721-6567(予約不可)

営業時間 14:00~16:00(餡がなくなり次第閉店)

定休日 水曜・木曜

駐車場は店舗前に3台分

 

水曜・木曜以外はやっていますが、開店時間が14時から16時で、餡子がなくなり次第閉店してしまうというレアスイーツです。

 

値段は、1個150円。

あんこがギッシリ入っていて満足感も大きいので、私はお安いと感じています♪

 

 

   

 スポンサードリンク

 

 

まとめ

札幌市東区にある「たいやき札幌柳屋」さんの薄皮たい焼きのレビューでした。

営業時間が短い上に、いつも行列。しかも餡子がなくなり次第閉店という厳しい条件がいっぱいの柳屋さん。

それでも大人気なのは、たい焼きの美味しさゆえなんですよね。

東区ですが、私のイメージでは北区だと思っていました。屯田なんかのおとなりの地区というイメージです。

そちら方面へ行く機会があったら、ぜひレアたい焼きを食べてみてください♪

 

 

 

こちらは最近気になっている楽天1位・こむぎ庵の薄皮たい焼き

十勝産希少品種の北ロマンを使った餡子だそうです。 

 

 

 

yuccow.hatenablog.com

yuccow.hatenablog.com