Enjoido北海道!

観光・グルメ・文化・気候――北海道の魅力を紹介

命がけで見せて得るものとは……?

昨日スマホに防災速報のアラームが来た。

どこかで地震か!?

それともこの季節だから大雪の注意報か!?

と、慌てて画面を開いたら

「不審者情報」だった。

なんでも前日の夜、近所で女性に下半身を露出して見せた男がいたそうな。

地震ではないと知り、気が抜けた。

あ、そ。

と、スマホをポンと放りだそうとして、もう一度画面を見る。

昨日の夜?

確か、雪が降ってたし、気温もマイナス7度くらいにはなってたはずなのに。

頑張るなあ。

 

 

そして思い出した。

昨年の冬、最高気温マイナス12度だった日にも露出する不審者がでたと地元紙に小さく載っていたことを。

その日の最低気温はもう覚えていないが、最高でマイナス12度。

これは、ヒートテックの手袋をしていても5分で指先が痛くなり

うかつに息を吸い込むと冷気でむせるくらいの気温だ。

そんな時に露出するって、命にかかわるんじゃないだろうか。

そこまでの情熱ってなんなんだろう……。

その記事を読んだときに、うっかり尊敬しそうになってしまった。

いやいやいや。断じて肯定しませんよ!そんな行動。

ただ、命がけで見せて回って、何か得られるものってあるんだろうか。

と、ふと思ってしまったのだった。

とりあえず、凍った地面の上で転べばいいよ。

前方にね。