Enjoido北海道!

観光・グルメ・文化・気候――北海道の魅力&北海道ライフを発信してます

忘れない。あったかいお風呂のありがたさ【経験談・東日本大震災】

f:id:yuccow:20201201101429j:plain

今週のお題「感謝したいこと」に「ありがたや、ありがたや」と書いてあるのを見て「これは、参加せねば!」と思いました。

実は、私は毎晩お風呂に入っているときにこのセリフを言ってるんです。

温かいお風呂に入れるありがたさを絶対に忘れない、という意味で強いて言うようにしている、といっても良いかもしれません。

今日はそんなお話を。

 

目次

 

   

スポンサードリンク 

 

 

こちらは朝起きた瞬間から猛吹雪でビックリ。

マイナス3度の中、早朝から車の雪落としをしました。

昨日も一日降ったり止んだりの雪でしたが、今日はさらに40㎝ほど積もるかもという予報です。

 

寒いと余計にお風呂が恋しくなりますよね。

温泉ならなおうれしい。

お風呂に入れなかった経験ってどれくらいありますか?

入院中?ケガをした後?

お風呂に入れないのって身体的にもですが、心的にもツラいですよね。 

 

ありがたや、ありがたや

「ありがたや、ありがたや」

私は毎晩お風呂のお湯につかるときに、このセリフを言うようにしています。

温かいお風呂に入れることの感謝を忘れたくないから。

年寄っぽい言い回しかもしれませんね(^^;)

でも、確か千と千尋~で、神様がお湯につかったときにこう言ってたなあと思って、セリフをお借りしています。

 

お風呂に入れるくらいで感謝って大げさじゃない?

 

と、感じられる方もいるかもしれませんが、温かいお風呂に入れるってものすごーく幸せでありがたいことなんですよ。

東日本大震災を体験して、それを痛感しました!

 

東日本大震災のときのお風呂事情

当時、仙台市の街中に住んでいた私の自宅マンションは半壊。

ライフラインはもちろん全滅でした。

yuccow.hatenablog.com

 

それでも街中だったし、津波も来なかったので電気や水道は割と早い段階で復旧しました。

電気は3日後、水道は1週間ほどで使えるようになり、ずいぶん助かりました。

 

ただ、ガスだけは仙台市全体の被害が大きく、なかなか復旧のめどが立ちませんでした。

当初は半年はかかると言われていて、絶望的になったものです。

f:id:yuccow:20201201103328j:plain

ガス式の湯沸かしシステムだった我が家では、お風呂に入ることができませんでした。

 

水は出るようになっても、お湯にはならないんですよ。

 

まだ雪の降る時期でしたが、主人はかかんにも洗面所で水を使ってシャンプーに挑戦!

案の定、すぐに

ぎゃ~~~!

という悲鳴が聞こえてきて、私は遠慮しましたよ(^^;)

 

最初の数日間は、生きることに必死でしたので気になりませんでしたが、電気や水が通ってくると、やっぱり体の汚れが気になってくるんですよね。

 

ガレキで街中ホコリだらけだし。

毎日寒い中で、食料を求めて何時間も並ぶから、身体も冷え冷え

 

あったかいお風呂に入りたいっっっ

 

切実にそう感じました!

 

この頃、買い出ししながら山形県まで出かけて行き、そこで教えてもらったお風呂に入ることはできましたが、買い出しの途中だったため、ゆっくり入ることまではできませんでした。

 

やっぱり、お風呂って汚れを落とすだけじゃないんですよね。

ゆったり入って、心も身体も温まりたいんですよ。

 

ネットでお風呂情報を得る

電気が通うようになって数日。

ネットで情報を得られるくらいの余裕が出てきました。

すると、高校時代の同級生が

 

山形との県境にある町の公営温泉施設が無事に営業している。

しかも被災した人のために料金を半額(3分の1くらいだったかも)にしてくれている。

 

と、教えてくれました。

 

おおおっヾ(≧▽≦)ノ

 

ガソリンを手に入れるのも大変な時期でしたが、我が家は幸いハイブリッド車で、まだもう少しガソリンには余裕がありました。

県境までお風呂に行くくらいのガソリンは大丈夫そうです。

 

小さな温泉施設

さっそく家族でお風呂に行きました!

同じ宮城県内でも、山形に近い方はかなり被害が少なかったようです。

建物も周囲の地面も、街中や海の方とは全く違ってキレイでした。

 

さっそく割引料金を支払い、お風呂へ♪

 

湯気がもう、うれしい(*´▽`*)

身体の汚れがなかなか落ちなくて、お湯につかる前に2回洗いました。

こんなの初めて。

 

でも、ゆっくりとお湯につかったときの幸せな気分は、一生忘れられません!

 

今思えば、小さ目な温泉施設だったのかもしれませんが、当時の私たちにはパラダイスです!

お湯がたっぷりあって、ゆっくり入れて。

 

身体もリラックスできましたが、何と言っても心にしみた温かさでした。

 

f:id:yuccow:20201201105643j:plain

※注・イメージ画像です

 

その後、家でお風呂に入れるようになるが……

その後も何度か、この施設に通わせてもらいました。

やがて、全国からの応援のおかげで(これにも感謝!です)中心部は1か月しないうちに、ガスが復旧しました。

無事に自宅でお風呂に入れるようになったわけです!

 

ようやく1か月ぶりに自宅でお風呂を沸かして

 

はぁ~♪(*´▽`*)

 

と、お湯につかったまさにその瞬間、何があったと思います?

 

余震です

震度3か4くらいの、それほど大きくはない揺れでしたが、慌ててお風呂から飛び出して、泣きそうになりました。

 

ようやく!自宅でゆっくりお風呂に入れると思ったのに!!!

 

それから、北海道に引っ越すまでの2年間、お風呂はいつもビクビクしながら入る場所になりました。

 

なんてありがたいことなんだろう

震災の2年後に北海道に越してきて、初めてこんなに揺れのない日々を過ごしました。

おかげで夜はぐっすり眠れるようになり、お風呂にもリラックスして入ることができるようになりました。

 

ゆっくり、温かいお風呂に入れるって、なんてありがたいことなんだろう。

 

心底そう感じます。

でも、この生活に慣れてしまうと、ありがたさを忘れてしまいそう。

だから「ありがたや、ありがたや」と、つぶやいています。

 

今日も一日、無事に過ごせた。

温かいお風呂に、ゆっくり入れるのは幸せな証拠。

ありがたや、ありがたや。

 

 

 

 

 

 

 

 

yuccow.hatenablog.comyuccow.hatenablog.com

yuccow.hatenablog.com

 

 

   

 スポンサードリンク

 

良かったらぽちっとお願いします。 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村